火傷による炎症(痛み、かゆみ、赤み)

火傷による炎症も、悩んでいる方にとっては何かと厄介なものです。医療脱毛では、レーザーを皮膚に当てることで熱が発するのですが、この際に毛根部に大きな変化をもたらします。脱毛の効果を期待したいのであれば、表面的な治療をしても意味がなく、毛根部を破壊するぐらいの勢いが必要です。

同時にここで頭に入れておかなければいけないのは、熱によって肌に負担がかかるケースもあるということです。例えばですが、赤く腫れたり、いつもより痒く感じたり、あるいは痛みが発症すると言った例は、人によっては起こり得ます。脱毛を行ってから約1週間もあれば状況は良くなるのですが、それでも心配なときは外用薬を活用して対処するのがおすすめです。他には、肌の水分の状態を十分にしておくことも、脱毛前に行っておく方が良いでしょう。保湿そのものが十分でないと、肌の状態が更に乾燥してしまい、炎症の状態が酷くなります。ましては取り返しのつかない事態を招くことのないようにしたいものです。

炎症の問題は、脱毛とは切っても切れないぐらい重要。だからこそ、トラブルを予防するためのケアを前もって行うようにしましょう。保湿の方法がわからないようであれば、スタッフに今一度相談してみるのが最善です。